原状回復の対象になりやすい補修箇所


アパートやマンションなどの賃貸では、退去する際に原状回復費用を請求されることがあります。入居時に支払う敷金が退去時の原状回復費用になるのですが、補修箇所が多い場合は敷金でまかなうことができず、不足分を請求されるのです。

補修する必要がほとんどなければ、返還されることもあります。原状回復は、具体的にどのような箇所で必要となるのかご紹介します。

原状回復が必要になる可能性が高い箇所

原状回復が必要になる可能性が高い箇所

原状回復とは、アパートやマンションを退去する際、部屋を借りた時の状態に戻すことを意味しています。その際、経年劣化や通常損耗は原状回復の対象にはなりません。

原状回復の対象になるのは、「通常の使用」を超えるような使用による傷みです。実際に対象になるのは、下記のような箇所が挙げられます。

【壁・壁紙(クロス)】

壁や壁紙(クロス)は、様々な補修が必要となることがあります。代表的な例が、「壁に開いた穴」「剥がれた壁紙(クロス)」「壁・壁紙(クロス)への落書き」などです。画鋲やピンの小さな穴は対象になる時とならない時があるため、しっかりと確認しましょう。穴が大きくなるほど補修が必要になるため、注意が必要です。

【畳】

畳の場合は性質上、汚れが染みつきやすく、跡が残ってしまうことが多くあります。蚊取り線香やタバコなどを落としてついてしまった焦げ跡などは、原状回復の対象です。畳は取り替えになると多額の費用がかかってしまうため、注意しましょう。

【フローリング】

フローリングは、思っている以上に傷つきやすい箇所です。普段何気なく生活していても、家具を引きずってしまったり、物を落としてしまったりすることで、傷や凹みをまねいてしまいます。通常の歩行で起こりうる傷みは生活傷として考えられるため、費用が発生することはありません。

石川県羽咋市で原状回復のためのリペアを依頼するなら!

石川県羽咋市をはじめ石川県内で、原状回復のためのリペアを業者に依頼しようと検討中であれば、龍魚 arowanaをご利用ください。龍魚 arowanaでは、原状回復の対象になりやすいクロスの補修やフローリングのリペアを行っています。

クロスに汚れや破れ、穴がある、フローリングに重いものを落として開いてしまった穴がある、家具を引きずってできた傷がある場合は、ぜひご依頼ください。ウッドリペアの技術を用いて補修するため、フローリングはもちろん、木製のテーブルや椅子などの家具修理も可能です。

石川県でのご依頼を中心に対応していますが、富山や福井からのご依頼も対応いたしますので、まずはご相談ください。

原状回復のお客様は、不動産業者様や家主様だけでなく、居住されていた方も対象になります。特に、居住されていたお客様自身が直接依頼することで、余計な費用を上乗せされるといったことも防ぐことができます。退去が決まったら、すぐに行動!が余計な出費を防ぐコツです。まずは、お気軽にお問い合わせ(無料)ください。

石川県羽咋市で原状回復を依頼するなら龍魚 arowana

サイト名 龍魚 arowana
住所 〒 925-0028
石川県羽咋市次場町ツ62-1
代表 池田 美和
事業内容 家具修理、サッシ補修、リノベーション、現状回復、フローリング補修
TEL 090 9446 0731
Mail m@arowana731.com
URL https://www.arowana731.com/