ケース別!フローリング補修できる?それともできない?


石川県でフローリング補修をお考えでしたら龍魚 arowanaにお任せください。

フローリングの床に、いつの間にか傷・へこみ・シミなどができてしまっているなんてことはありませんか?しかし、そのままにして諦めてしまっている部分も、フローリング補修(修理)でキレイにできる可能性があるのです。

ここでは、どのような傷・へこみ・シミであれば補修対応可能なのかを、ケース別にご紹介します。

よくある質問~こんな場合もフローリング補修可能ですか?~

Q:家具などの重たいモノを落としてついた傷・へこみは補修できますか?

A:傷や凹みの具合にもよりますが、ほとんどの場合補修が可能です。該当箇所を確認し、補修内容をご提案いたします。

Q:太陽光によって色褪せてしまい、困っています・・・。

A:太陽光による色褪せは表面的なものなので、削ったり塗装したりすることで補修が可能です。技術のある職人にお任せいただければ、色褪せていた箇所が分からないほどキレイにすることができます。ぜひ、サイト内にある施工前・施工後の画像をご覧ください。

Q: タバコの焼け焦げもキレイになりますか?

A:タバコの焼け焦げも修復可能です。フローリング補修ができる職人にお任せください。

Q:無垢材についた傷を補修することも可能でしょうか?

A:無垢材の傷や床暖房も補修可能です。しかし、クッションフロアの場合は、補修不可となりますので、ご了承ください。

フローリング補修の事例~石川県内のホテルレストラン窓際のフローリング編~

龍魚 arowanaでは、北陸3県(石川県・富山県・福井県)の個人宅のフローリング補修だけでなく、法人様からのご依頼も承ります。実際に、ホテルレストランの窓際のフローリングの日焼けを補修した実績をご紹介します。

【事例】
施工前の状態:表面がグレーに変色(炭化)し、剥離剤を使用しても取れない状態
施工範囲:奥行き2.5メートル 全長17メートルほどの広範囲(およそ20畳)
施工期間:3日間(非常にタイトなスケジュール)

これまで龍魚 arowanaには、一畳にも満たない範囲の施工依頼しかありませんでしたが、管理会社様からホテル内にあるレストランのフローリング補修依頼が入りました。直射日光が当たる窓際のフローリングで、深刻なダメージを受けている状態です。紫外線や雨風の影響を受けて色素が抜けたウッドデッキのようになっていました。

色素が抜けたフローリング
シミになったフローリング

ホテルの総支配人様からは、「多少、色が違っていても良いから日焼けの部分をなんとかしてほしい!」というご要望でした。そこで、ニオイがほとんどない水性の塗料を使用して再塗装を実施しました。

綺麗にシミが補修されたフローリング
フローリング補修後の店内

薄い色は誤魔化しが効かない上に、一人で広範囲の対応となるため、依頼をお引き受けした当初は正直自信がありませんでした。しかし、塗料メーカーさんからのアドバイスや塗料選定などのサポートもあり、無事に施工完了いたしました。

石川県羽咋市を中心に営業する龍魚 arowanaでは、ウッドリペア技術で、フローリング補修・椅子やテーブルなどの家具修理・階段やサッシなどのリペアを行っています。ご予算に応じて補修内容をご提案することも可能で、お客様自身で行った補修の上から仕上げることも可能です。

フローリング補修を検討中の方は、お気軽にお問い合わせください。電話・メールで補修内容が判断できる場合なら見積もり無料です。遠距離の出張見積もりも対応しているので、まずはご相談ください。

私は時々、お客様の要望を伺ううちに“リペア”の範疇を超えてしまいます。正直、一から調べなければならないため、大変な作業になることもあります。しかし、個人でやっている事業だからこそ対応できる「売り」の一つと考えます。お客様と一緒に作り上げていく感覚で、私も一つ一つ成長できればと思っています。できるか?できないか?悩む前に、まずはお気軽にお問い合わせ(無料)を!!

石川県羽咋市でフローリング補修のご依頼は見積もり無料の龍魚 arowanaへ

サイト名 龍魚 arowana
住所 〒 925-0028
石川県羽咋市次場町ツ62-1
代表 池田 美和
事業内容 家具修理、サッシ補修、リノベーション、現状回復、フローリング補修
TEL 090 9446 0731
Mail m@arowana731.com
URL https://www.arowana731.com/