· 

シロアリ跡補修

 昨年の11月にさせて頂いた玄関の上り框の施工例です

 

下駄箱の横の部分がバキバキになっていて 触ると崩れてく感じで

 

私もシロアリの被害を見るのは 初めてで、、、「うわぁ〜」と 思わす声を上げてしまった

 

他にトイレの窓際にも 被害が出ていて それは次のブログで

 

最初、建築会社さんからの依頼を 少し理解出来ずに居たけど 大工さんの施した埋木を見て ようやく、、、(また、広範囲だな、、、汗)でも、埋木のお陰で パテを埋める範囲は少なくて済んだけど

 

今回、初めて 大工さんと連携プレーで施工となったけど やっぱ、大工さん流石だと思った

(穴の補修は、、、だけど 笑)写真ではわからないと思うけど 埋木の端を薄皮一枚残して 埋めてあるー 

すごい技術!!だから、横は木目描かなくて済んだ

 

埋木の大きさは 長さが50センチくらい 幅15センチくらいだったかな

元々の框と埋木の間に隙間と段差が出来たから そこをパテ埋め そして木目を描き始めたんだけど、、、

 

これも実は リペアの範疇を超えてます、、、何ミリとか それを少し超える範囲で木目描いたりする事はあるけど ガッツリですもん、、、キビシー汗

 

途中、施主さんが行ったり来たりして チラ見して「おおーすごいな!」って そしたら急に「ムっムっ何とかせねば!!」と

 

多分、施主さん的には 見た事ない事だから驚いたんだろうけど その時は結構、イケてない状態だったので 違う!!こんなんじゃない!!と ちゃんとしたモノ見せないと、、、と 責任感みたいなモノがフツフツと湧いてきて(いや、元々ありますが 汗)

 

なんとか周りの木目と似た感じになり ここに埋木がされてる事を知らない人が見ても 気づかないレベルにはなったかと思う

 

施主様の奥様も とても感動していて「こんな仕事があったなんて、、、スゴイわね〜」と

私も そう言ってもらって 嬉しくてやりがいに繋がった

思わず「今夜は 良いお酒が飲めます〜」って本音をこぼしてしまった

100点満点ではなかったけど お客様に喜んでもらえるのは 何よりも嬉しい